に投稿 コメントを残す

エイジングサインの原因は主に乾燥です!

エイジングサインには、シワやシミ、顔のたるみやくすみなどがあげられます。こういったエイジングサインの多くは乾燥肌が原因となることが多いです。

保湿を行うというのが年齢肌のサインをストップさせたり、改善するための方法として重要なポイントとなってくるでしょう。

年齢肌のサインを止める

そもそも年齢を重ねると乾燥するのはなぜか考えてみると、そこにはコラーゲンという成分の生成量が減少することがあげられます。

コラーゲンは肌の細胞同士をつなぎとめている役割があるからです。これが減少する事で、シワが出来たり毛穴が開くことで顔のたるみが生じたりします。

顔のたるみができると、ほうれい線も目立ってきますし、老けた印象になるので対策していきましょう。

顔のたるみを改善したい、またその年齢肌のサインを止めさせたいという時には、コラーゲン化粧品を使うというのも手段の一つです。

エステサロンで特別なケアを受けたりするのもメリットがありますが、最終的にはどういった化粧品でケアが出来るかという方が重要になってきます。

エイジングサインを防ぐためには、自分の肌に合った化粧品を選ぶことがポイントです。口コミ評判なども参考にしていきましょう。

自分の肌に合った化粧品を選ぶことが重要!

年齢肌のサインとして、顔のたるみが気になるという方は多いです。年齢とともにお肌のコラーゲンという保湿成分が減少します。

この生成量は30代後半から急激に減りますので、それまであまり気にならなかったという方も、急にしわができたり顔のたるみが出てきたりと気になることもあるでしょう。

新しい肌の悩み

そこで内側から作用するようなコラーゲン化粧品を使う事で、ケアが入念に行えますし保湿力を上げる事で普段のお手入れをしていても、どんどんお肌の中まで水分も入っていきますのでお勧めです。

様々な化粧品がありますし、自分の肌に合った物を探すことがまず先決です。

しかし効率よく探すのであれば、まず口コミ評判やランキングで高評価されている物から使ってみる事をお勧めします。多くの方が良いという声を寄せているものは、それだけ価値があるということになりますし、使ってみて効果を感じやすいというメリットもあるからです。

毎日使うものとなれば、コストパフォーマンスも重要になってきますし後は自分のお肌に合うかどうか確かめてから使う事です。

サンプルがあるものはもらったり、トライアルキットが出ているものは試してみる事をお勧めします。

に投稿 コメントを残す

SMASの低下には「リガメント」をケアして対抗!最新の顔のたるみ治療

骨や筋肉などを繋ぎ合わせる接着剤のような役割

顔の複数の箇所にある膜組織をリガメントと呼びますが、この組織の役割は
骨・脂肪・筋肉・皮膚の各組織を繋ぎ合わせる接着剤のような役割があります。

ちなみに、リガメントは日本語では靭帯を意味するもので、顔のたるみを
改善するやり方の中で靭帯幹細胞培養上清液を充填させるやり方で行われる
ことも少なくないのです。

顔には表情筋と呼ぶ筋肉が存在しますが、表情筋は約60個あるといわれており、
これらは一般的な筋肉とは異なる特徴を持ちます。

表情筋

例えば、骨と皮膚を繋げている筋肉は皮筋と呼ぶもの、
それぞれ個別の筋膜により覆われていないこと、そして
多数の筋肉がひとつの組織により神経支配が行われて
いるなどの特徴があります。

表情筋は、加齢により筋膜により生じる張りを失うこと
になるので顔のたるみが生じるなどのメカニズムがあり、
リガメントによる張りを維持するためのサポートが治療で
行われることになります。

筋膜と同じくコラーゲンが主成分になっているものでもあり、
顔のたるみの改善には欠かすことができないもの、靭帯幹細胞
培養上清液を使うたるみの改善方法は注射器を使って薬剤を
注入するので、メスでの切開がなく傷痕が残らないなどの
利点を持ちます。

サイトカインを使ったたるみ治療も有効です

SMASは、膜組織と同じコラーゲンが主成分になっている組織を意味するもので、
顔の皮下組織の中では下層に位置する膜です。

表情筋とこれに連なる筋膜が一つのシート状のように広がっているのが特徴で、
骨格筋の中では深層筋膜と同じ層にあります。

体の中にある筋肉は個別の筋肉の膜に覆われているのですが、顔の表情筋は
一つのSMASに覆われているのが特徴です。

このことからも、SMASの低下は顔がたるみを持つ要因であるのことが
わかるのではないでしょうか。

顔の筋肉

筋肉がしっかりと張っていると顔のたるみは生じない、しかし張りが
弱くなってくるとたるんでくるなどのイメージです。

SMASの低下を改善する方法には医療レーザーを使う方法やサイトカインを
使う方法があり、これらはたるみ治療の中で使われることが多い手法です。

サイトカインは細胞の再生および増殖を促す効果を期待できる物質ですが、
サイトカインを使ったたるみ治療ではこの物質が多数含まれている幹細胞を
使うのが特徴で、幹細胞は培養することで様々なタンパク質分泌する、
分泌したタンパク質内には様々な細胞活性化に繋げることができる
サイトカインが豊富に含まれているのです。

に投稿 コメントを残す

口元の縦じわに効果的なたるみ治療「スマイルリフト」

口の中からたるみを改善させる治療法

アンチエイジングという言葉が使われ始めて久しいですが、おそらく誰もが
いつまでも美しく、そして若々しい容姿でありたいと願う気持ちを持って
いることでしょう。

しかし、年を重ねていくことでフェイス部分にたるみやしわなどはできて
しまうもので、これをどうにかしたいというのが本音ではないでしょうか。

特に口元の縦じわなどは実年齢よりも上に見られてしまうこともあります。
これを改善するためにたるみ治療などを始める方も少なくありません。

口元のたるみ

美容外科などではこのたるみ治療で評判のところはたくさんあります。

こうした治療法にはさまざまなものがありますが、今、特に注目されて
いるのが歯科医でできるスマイルリフトという治療法です。

この治療法は外側から治療する従来の方法ではなく、口の中から特殊な
レーザーを照射して口腔粘膜や表情筋に熱効果を与えます。

この熱効果で口腔粘膜や表情筋を引き締めることができますので、
フェイス部分のリフト効果が期待できるのです。

口の中から治療することのメリットとは

気になる口元の縦じわを改善することが可能なたるみ治療のスマイルリフトは、
外側からレーザーを照射するわけではありませんので、熱効果で皮膚の火傷
などの心配もありません。

こうしたたるみ治療の施術には、大概、ダウンタイムというものがあるもの
ですが、スマイルリフトには腫れやむくみ、または痛みなどのダウンタイムが
ほとんどないのが特徴です。

どうしてもレーザー照射による施術が不安だという人は、施術前に行われる
カウンセリングのときに十分に不安を取り除いておくことが必要でしょう。

治療

口元の縦じわを隠すためにより念入りに化粧をしても、
やはり時間とともに口元の化粧は崩れてしまうこともあります。

いくら高価な化粧品を使っていても、どうすることも
できないしわはあるものです。

こうしたフェイス部分の肌トラブルというものは、
特に女性にとっては大きな悩みの一つと言えるでしょう。

これらの悩みは口の中から治療することで改善できます。

に投稿 コメントを残す

たるみ治療|ウルセラによるやけどとは?

人気のたるみ治療

ウルセラとはたるみ治療に使われる機械のことで、メスを使わずに
強力なリフトアップ効果を得ることができます。

それまでクリニックで使用されていた機械では、レーザーが真皮層
までしか届かず真皮層の引き上げ効果しか得られませんでした。

しかしながらウルセラはたるみの原因となるSMAS層(表在性筋膜)
までしっかり超音波が届くので、真皮層とSMAS層の2つの層の
引き上げにより高いリフトアップ効果が実感できるようになりました。

このリフトアップ効果はピンポイントに照射される超音波の熱による
ダメージによって得られているのですが、熱によるダメージによって
コラーゲンが生成されやすくなるので肌のハリが増し、リフトアップ
効果が持続しやすいという嬉しいメリットもあります。

施術後に肌の赤みや痛み、腫れなどが人によってはあらわれることも
ありますが、特に異常がなければ施術当日からメイクができるなど
ダウンタイムや副作用が少ないとされています。

しかしながら超音波の当て方を誤ってしまうとやけどなどを引き起こす
可能性がありますので、ウルセラの扱いに慣れたクリニックで施術を
受けるようにしましょう。

美しくなる

に投稿 コメントを残す

たるみ治療ウルセラを受けるには腫れのリスクも確認

ウルセラは、一般的な超音波を使うのではなく、焦点式超音波という
技術が使われています。

皮膚へのダメージを少なくしながら、皮膚の奥に熱を発生させ、
たるみ治療の効果を高める力を持っています。

たるみを治したい人にとっては、大変優れた治療法ですが、
ウルセラには腫れのリスクというデメリットがあります。

施術を受けたあと、少し顔がむくんだような状態になります。

リスクを知る

ウルセラはやや強めの施術になりますので、むくみのような腫れが
できますが、その持続時間は数日程度ですので、この期間を乗り越え
れば、元のスッキリとした顔に戻るようになります。

腫れがひくと施術を受ける前に近い状態に戻るため、たるみ治療の
効果があらわれていないように感じられますが、その後2ヶ月から
3ヶ月かけて、徐々に効果が出てきますので、慌てないようにしましょう。

時間がかかる

腫れの状態はウルセラの出力の調整によって、その持続時間が
変化していきます。

腫れた状態を短くするには、腕のよい医師がいる医療機関を利用しましょう。

に投稿 コメントを残す

たるみ治療で人気のウルセラってどんな治療法?

アンチエイジング効果のあるたるみ治療の中でも、非常に引き上げ効果が
高いといわれているウルセラは、頬や目のたるみ、二重あごなどを改善し、
小顔効果も期待できると言われています。

同じようなサーマクールとは違って、真皮深層から表在性筋膜までを
ターゲットにしているので、今までであれば手術でしか手が届かなかった
深い層まで超音波を届けることができるので、強力な引き上げ効果が期待できます。

長く持続する

ウルセラは超音波を使用するため、術後の赤みや腫れもほとんどなく、
ダウンタイムも気にしなくて済みます。

約半年から一年ほどは、引き上げ効果が持続するといわれており、
他のマシン治療の中でも最も効果が長いといわれています。

皮膚の深い層も浅い層も引き締めるので、効果は二段で長く持続でき、
術後すぐに効果が実感でき、三か月後に効果は最大になるといわれています。

ごく自然に若返り効果が実現するので、周囲に気づかれる心配もなく
見た目年齢が若返っていきます。

若返り