たるみ治療ウルセラを受けるには腫れのリスクも確認

ウルセラは、一般的な超音波を使うのではなく、焦点式超音波という技術が使われています。
皮膚へのダメージを少なくしながら、皮膚の奥に熱を発生させ、たるみ治療の効果を高める力を持っています。

たるみを治したい人にとっては、大変優れた治療法ですが、ウルセラには腫れのリスクというデメリットがあります。
施術を受けたあと、少し顔がむくんだような状態になります。

リスクを知る

ウルセラはやや強めの施術になりますので、むくみのような腫れができますが、その持続時間は数日程度ですので、この期間を乗り越えれば、元のスッキリとした顔に戻るようになります。

腫れがひくと施術を受ける前に近い状態に戻るため、たるみ治療の効果があらわれていないように感じられますが、その後2ヶ月から3ヶ月かけて、徐々に効果が出てきますので、慌てないようにしましょう。

時間がかかる

腫れの状態はウルセラの出力の調整によって、その持続時間が変化していきます。
腫れた状態を短くするには、腕のよい医師がいる医療機関を利用しましょう。