たるみ治療|ウルセラによるやけどとは?

効果を実感

ウルセラとはたるみ治療に使われる機械のことで、メスを使わずに強力なリフトアップ効果を得ることができます。

それまでクリニックで使用されていた機械では、レーザーが真皮層までしか届かず真皮層の引き上げ効果しか得られませんでした。
しかしながらウルセラはたるみの原因となるSMAS層(表在性筋膜)までしっかり超音波が届くので、真皮層とSMAS層の2つの層の引き上げにより高いリフトアップ効果が実感できるようになりました。

このリフトアップ効果はピンポイントに照射される超音波の熱によるダメージによって得られているのですが、熱によるダメージによってコラーゲンが生成されやすくなるので肌のハリが増し、リフトアップ効果が持続しやすいという嬉しいメリットもあります。

施術後に肌の赤みや痛み、腫れなどが人によってはあらわれることもありますが、特に異常がなければ施術当日からメイクができるなどダウンタイムや副作用が少ないとされています。

しかしながら超音波の当て方を誤ってしまうとやけどなどを引き起こす可能性がありますので、ウルセラの扱いに慣れたクリニックで施術を受けるようにしましょう。

美しくなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)