たるみ治療|ウルセラによるやけどとは?

ウルセラとはたるみ治療に使われる機械のことで、メスを使わずに強力なリフトアップ効果を得ることができます。

それまでクリニックで使用されていた機械では、レーザーが真皮層までしか届かず真皮層の引き上げ効果しか得られませんでした。
しかしながらウルセラはたるみの原因となるSMAS層(表在性筋膜)までしっかり超音波が届くので、真皮層とSMAS層の2つの層の引き上げにより高いリフトアップ効果が実感できるようになりました。

このリフトアップ効果はピンポイントに照射される超音波の熱によるダメージによって得られているのですが、熱によるダメージによってコラーゲンが生成されやすくなるので肌のハリが増し、リフトアップ効果が持続しやすいという嬉しいメリットもあります。

施術後に肌の赤みや痛み、腫れなどが人によってはあらわれることもありますが、特に異常がなければ施術当日からメイクができるなどダウンタイムや副作用が少ないとされています。

しかしながら超音波の当て方を誤ってしまうとやけどなどを引き起こす可能性がありますので、ウルセラの扱いに慣れたクリニックで施術を受けるようにしましょう。

たるみ治療ウルセラを受けるには腫れのリスクも確認

ウルセラは、一般的な超音波を使うのではなく、焦点式超音波という技術が使われています。
皮膚へのダメージを少なくしながら、皮膚の奥に熱を発生させ、たるみ治療の効果を高める力を持っています。

たるみを治したい人にとっては、大変優れた治療法ですが、ウルセラには腫れのリスクというデメリットがあります。
施術を受けたあと、少し顔がむくんだような状態になります。

ウルセラはやや強めの施術になりますので、むくみのような腫れができますが、その持続時間は数日程度ですので、この期間を乗り越えれば、元のスッキリとした顔に戻るようになります。

腫れがひくと施術を受ける前に近い状態に戻るため、たるみ治療の効果があらわれていないように感じられますが、その後2ヶ月から3ヶ月かけて、徐々に効果が出てきますので、慌てないようにしましょう。

腫れの状態はウルセラの出力の調整によって、その持続時間が変化していきます。
腫れた状態を短くするには、腕のよい医師がいる医療機関を利用しましょう。

たるみ治療で人気のウルセラってどんな治療法?

アンチエイジング効果のあるたるみ治療の中でも、非常に引き上げ効果が高いといわれているウルセラは、頬や目のたるみ、二重あごなどを改善し、小顔効果も期待できると言われています。

同じようなサーマクールとは違って、真皮深層から表在性筋膜までをターゲットにしているので、今までであれば手術でしか手が届かなかった深い層まで超音波を届けることができるので、強力な引き上げ効果が期待できます。

ウルセラは超音波を使用するため、術後の赤みや腫れもほとんどなく、ダウンタイムも気にしなくて済みます。
約半年から一年ほどは、引き上げ効果が持続するといわれており、他のマシン治療の中でも最も効果が長いといわれています。

皮膚の深い層も浅い層も引き締めるので、効果は二段で長く持続でき、術後すぐに効果が実感でき、三か月後に効果は最大になるといわれています。

ごく自然に若返り効果が実現するので、周囲に気づかれる心配もなく見た目年齢が若返っていきます。